オークションなど個人売買で車を売る

利用する前に愛車の価値を知っておく

 

一般的に買取業者で愛車を売却する場合には、皆が欲しいと思う車(人気車)であればあるほど高値で取引されます。しかし、こだわりの車や、カスタマイズされた車などは、多数の人には理解されなくても、少数のマニアの人々にとっては、とても価値のある車となることもあります。こういった場合には、オークションなどの個人間の取引の方が、大手の買取業者より愛車を高値で売却できる場合があります。近年では、インターネットの普及により、個人間での取引も活発になってきています。

 

個人間の取引では、手数料や経費、消費税などの業者にかかる中間マージンが無いというメリットもあり、また、売り手と買い手が合意すれば、価格は自由に設定できるので、買取業者では値がつかないような車でも高値で売却することも可能です。ただ、でたらめに値段をつけて売ればいいというわけではなく、オークションなどの個人間の取引でも、その車の相場を知っておくということは大切なことです。ほとんどの買取業者は無料で車の買取査定をしてくれるので、オークションなどを利用する前に、一度愛車を買取業者に査定に出して、その価値を知っておくのが良いでしょう。一方、個人売買には問題点もあります。売買や契約のノウハウのない素人同士の取引になりますし、車の細かい状態については一般の人では把握できない部分もあります。こういったことから、後日トラブルになることも多く、注意が必要です。