オークションで愛車を売るメリットやトラブル

オークションなら意外な高値が付くこともある

 

大手の買取業で愛車を売却するより、個人間のオークションなどで売価する方が、高値が付くこともあります。仲介業者が中に入らないので、経費や利益分などで本来差し引かれるものを売却分に上乗せできるからです。

 

また。一般的には人気のある車が高値になりますが、こだわりのカスタマイズした車や、希少な車などは、一般には人気が無くても、一部のマニアの間では、高価に取引されているものもあり、意外な高値が付くこともあります。ただ個人間のオークションでは、車の状態の管理や説明、契約や保証条件などすべて自分でやる必要があり、もしトラブルが起きれば、それらも自分で解決しなければならず、大変な手間となります。

 

例えば、「車が届いたら説明されていない傷があった」とか、「メーターが改ざんされて走行距離がいじられていた」、あるいは「書類に不備があり名義変更できない」など、両者の信頼で取引は成り立つので、どちらかがいい加減なことをしていたのなら、こういったトラブルは避けられません。まず、個人間で車を売る場合には、車の情報をしっかり把握し隠し事なくすべての情報を開示することが大切です。ですから、車の状態を知るためにも事前に買取業者などで検査や査定を受けることが賢明だと思います。車を購入する場合にも、疑問点は連絡を取り合って、納得いくまで話し合うこと、また、出来れば安易に写真や文章だけを信用するのではなく、一度実車を見に行けたら、それに越したことはありません。いずれにせよ、両者十分納得した上で取引することが大切です。