車の買い替えと査定のタイミングと車の売り時

市場価値のボーダーラインは5万キロとモデルチェンジ

 

市場価値のボーダーラインは5万キロとモデルチェンジ

 

車を売りに出そうと思う時というのは、新車や乗り換えを意識した時というのが多いのではないでしょうか。愛着をもってボロボロになるまで乗りこむ、というユーザーもいらっしゃれば、中古車としての相応の市場価格をキープできるほどよいタイミングで売却して、次の車の購入資金に充てる、という方もいらっしゃるかと思います。では、そのほどよいタイミングとはどのような時機を指していうのでしょうか?中古車として車を売る、ということは当然その次にそれを買い取って乗るユーザーがいる、ということが前提となります。そんなユーザーが中古車を選ぶとしたら、やはり状態の良い、出来るだけ長く走れそうな車を選択するのではないでしょうか。

 

つまり、中古車の価値はその車の状態に大きく左右されるということが言え、それは外観や年式以上に「走行距離」をもってひとつの基準とされることが多いようです。そこで、中古車としての市場価値のボーダーラインとして「5万q」を目安にしましょう。これを境に買取価格はダウンする傾向にあるため、要チェックですね。それに、車のモデルチェンジの問題があります。モデルチェンジが発表された後、モデルチェンジの直前・直後、これらは旧モデルの中古車市場価格がダウンする傾向が知られています。そこで、モデルチェンジ後の、旧モデルの相場が回復してきた頃を狙って売却するというのがベターな方法とされています。あわてて売りに出して損をするよりも、しっかりと市場の動きを見極めるというのが大切ですね。

 

かんたん車査定ガイドでハイラックスサーフの買取相場を調べてみる(無料)かんたん車査定ガイドで愛車の買取相場を調べてみる(スマホ対応無料)